第17回 おおたか塾 「簡単!華やか!きらめく春の寄せ植えレッスン・ビギナーコース」 取材レポート

2010年3月29日 UP

レポート

春到来!寄せ植えでお庭も華やかに!

春はお庭造りやガーデニングをスタートさせるのには最適のシーズンです。今年はセンスの良い寄せ植えでお庭のアクセントにしてみませんか?ビギナーの皆さんでも簡単に出来る寄せ植えレッスン講座が開かれました。

第17回おおたか塾風景1 第17回おおたか塾風景2 第17回おおたか塾風景3 第17回おおたか塾風景4 第17回おおたか塾風景5

しっかりイメージすることがポイント

寄せ植えとは、好きな花やグリーンを鉢やプランターにバランス良く植えて楽しむこと。
講師は、ガーデニングユニットNoraの代表で、ながれやまガーデニングクラブの会長でもある小高静子さん。小高さんは、自然のおおらかさを壊さずに庭に彩りを添えるガーデニングを追求し、流山市が行なっているオープンガーデン(一般住宅のお庭を期間限定で開放し、多くの人が自由に見学できるイベント)でも、毎回素敵なお庭を公開しています。
講義の中で小高さんは、「寄せ植えのイメージをしっかり持つことが大切です!」と皆さんにアドバイス。どんな寄せ植えにしたいのか、どこに飾りたいのか、どの植物を使いたいのか、イメージをしっかり持つことがセンス良く植えるコツといいます。

主役の花を決めたらそれに合わせて脇役のグリーンを・・・

いよいよ寄せ植えの実習です。受講者の皆さんには、それぞれ花とグリーンを選んで頂きオリジナルの寄せ植えを作ってもらいます。用意されたのは、これから夏に向かって元気良く育つガーデンカスミソウ、マリーゴールド、ペチュニアといった花や、ワイヤープランツ、アイビー、クローバーといったグリーンの数々です。
今回は花2種類とグリーン3種類を植えていきますが、「好きなものばかり・・・では無く、主役の花を決めたらそれに合わせて脇役のグリーンを選ぶのがポイント」という小高さんのアドバイスに、皆さんも花とグリーンとの相性やバランスを考えながら、慎重に選んでいました。

ウォータースペースをお忘れなく!

花とグリーンが揃ったら、いよいよ寄せ植え開始です。しかし、その前に苗をポットから出して余分な土を落としたり、根が張りすぎているものはカットしたりといった「根崩し」という作業を行ないます。
同時にグリーンをバランスよく配置できるように、幾つかの株に分けていきます。準備が出来たところでバランスを取りながら花とグリーンを植えていきました。グリーンは同じような色だけを使うのではなく、濃いもの、薄いもの、茶色っぽいものなど、変化をつけるとナチュラルに仕上がるそうです。
また、鉢ギリギリまで土を盛ってしまうと水やりが上手く出来ないとのこと。淵から下1センチぐらい余裕を持たせ「ウォータースペース」を作ることが大切です。

オリジナル寄せ植えが完成!

寄せ植え作業のスタートから約30分もすると、テーブルには可愛い寄せ植えが並び始めました。同じ花を使っていても、違うグリーンを添えることで、雰囲気の違った寄せ植えに仕上がっていました。
受講者の皆さんからは、「自分で花やグリーンを選ぶとこんな感じにならないので勉強になりました。楽しかったです!」「グリーンの使い方が参考になりました」といった声も聞かれました。ナチュラルでセンスの良い寄せ植えの仕上がりに大満足だったようです。「花は1色か2色にして、花半分・グリーン半分のバランスにするとナチュラルに仕上がります。また寄せ植えは、きっちりキレイは不自然です。少し乱れさせて遊んでみましょう!」と小高さん。
ちょっとしたコツを掴めば誰でも簡単にオシャレな寄せ植えが出来ます。皆さんもお庭のアクセントとして気軽に寄せ植えを楽しんでみませんか?

開催日 3月28日(日)
開催時間 第1回目 11:00~12:30 第2回目 14:00~15:30
申込み受付け ホームページより事前申込
場所 3F K・WEST(bayfmスタジオ)内
参加費 500円