第7回 おおたか塾 「ハーブのある暮らし」

2008年3月17日 UP

レポート

実施内容:
日ごとに暖かくなって春らしい季節になってきました。そろそろガーデニングを本格始動という方も多いと思いますが、今年はハーブを加えてみてはいかがでしょうか?実はこの時期、ハーブを育て始めるには最適なんです。そこで、ハーブの栽培方法からさまざまな利用法までを総合的に楽しく学べる講座が開かれました。
講師は、プロフェッショナルアドバイザーオブハーブの資格を持ち、東京の麻布十番でハーブを中心としたナチュラル商品を扱うショップを経営している大島永子さんです。
まずは、ハーブについての紹介がありました。ハーブとは、香りがあり薬用成分が含まれていて人々の生活に役立つ植物のことです。世界には約2,000種もあり、日本の食卓でおなじみのワサビやミョウガ、シソなどもハーブに含まれるそうです。
photo1 今回の講座では、受講者の皆さんに、ペパーミント・ローズマリー・タイムの3種類の苗が用意されました。大島さんの「ハーブの葉をこすってみて下さい」という呼びかけで、それぞれがハーブに触れてみると、一瞬にして清々しい香りが広がります。皆さんの表情も和らぎ、ハーブの香りを実際に楽しみながら、育て方や効能などを学んでいきました。続いては、このハーブを使ったハーブソルト作りです。使用したソルトはミネラル分が豊富でまろやかな甘みのあるヒマラヤ岩塩。これにハーブを適量加えます。ハーブは1種類でも2つ、3つとブレンドしてもOKで、それぞれにオリジナルソルトが完成しました。このハーブソルトはお料理だけでなく、バスソルトとして、またフットバスに入れても利用できます。さらに、ハーブビネガーやハーブで作る化粧水などの紹介もあり、美容や健康にも役立つハーブの活用法を教えていただきました。

photo2

さて、ハーブといえば、やはりハーブティー。講座の最後には美味しい入れ方のアドバイスも!ハーブは、種類によって活性酸素を除去したり美肌やデトックス、ダイエット、さらにはこの季節悩まされる花粉症の症状を和らげる効果も期待できます。ハーブティーならとっても手軽で、楽しく続けられそうですね。最も効率よく取り入れるためには、飲むタイミングも大切です。美肌には就寝前に、活性酸素の除去には食後や運動後が効果的なんだとか。目的に合わせた飲み方の紹介にメモをとる人の姿も多く見られました。

photo3

photo1 受講者のみなさんからは、「ハーブが身近に感じられて楽しかった」「植えっぱなしのハーブをどんどん活用します」といった声があり、ハーブの魅力を改めて感じていただけたようです。講座で使用した3種類のハーブの苗とハーブソルトはお土産として皆さんにプレゼント!ハーブを育て、使って楽しみ、美容や健康に役立てる・・・。ハーブから潤いのある暮らしが始まりますね。
*
開催日 3月16日(日)
開催時間 14:00~15:30
場所 3F K・WEST(bayfmスタジオ内)
講師

大島永子