営業時間

営業時間

物販 10:00~21:00
レストラン 11:00~21:00
  • ※ラストオーダーは各店にお問い合わせください。
  • ※一部営業時間が異なる店舗がございます。
食品館イトーヨーカドー 10:00~21:00
タカシマヤフードメゾン 10:00~20:00

NAGAREYAMA
Shop File

ダブルエー オリエンタルトラフィック

2022.1.1 Sat.

#もっと歩きたくなる!そんな靴に出会うなら

お洒落して、旅行やデート、ショッピング♥ ウキウキ気分で歩いていたら、あれれ? まさかの靴ずれに「そろそろ帰ろう…」── なんて経験、ありませんか? 「可愛い!!」でつい飛びついてしまったその気持ち、わかります。そんな私たちこそ、本館1Fに昨夏オープンしたダブルエー オリエンタルトラフィックを、まずチェック!

世代を超えて、お気に入りの靴選び♪

漆喰のコテ跡のような表面感ある白壁に、優しい色合いの木目調のフロア。ヨーロピアンな意匠を施した白いフレームの大きな鏡や戸棚までもが自然光を反射して、まばゆいばかりの店内です。

決して広くはないものの奥行きは深く、ケヤキ広場へと視界が抜ける心地よさ。ゆったり取られた通路を行き来し、思い思いに靴選びを楽しめます。

壁付けの棚や通路の左右の白い棚には ・・・

トレンド感とセンスに磨かれた靴を、一足一足丁寧にディスプレイ。
いろいろなテイストのアイテムをまんべんなく揃えているのですが、そのいずれもがどこかナチュラルで、なんだかフェミニン。ついつい手がのびてしまいます。

例えば、上写真のバレエシューズ。
春夏の軽やかな足もとだけでなくこの時季は、カラータイツやニットレギンスなどとの少しボリューム感のあるコーデがキュート。一年中可愛く履ける定番のこちらは、ベーシックカラーともう一足、暗くなりがちな冬場のファッションにアクセントを添える、ポイントになるカラーを持っているとますます便利に使えそう。

「オリエンタルトラフィックの中でも店名に『ダブルエー(WA)』がつく当店は、“デイリーに履けること” を、とくに大切にしています」(店長)

── 確かにコーディネートに迷うことなく、どんなスタイルにも合わせやすいプロポーションとカラーバリエーション。むしろ「どれ履こう?」が毎日の楽しみになる、マルチタスクな靴の多さに驚きます。さらに・・・

6,000円台周辺を中心に、ニーハイブーツで1万円ちょっとのお手頃な価格、22.0cm~26.0cm(S~LL)というサイズ展開の豊富さにも背中を押され、「気に入った靴を何足か、あるいは色違いでお買い求めくださるお客様が多数」(店長)というのも頷けます。

さて、入口の「NEW ARRIVAL」の棚にはこの日・・・

久しぶりに流行の波がやってきたロングブーツとともに、カジュアルなデニムにもフェミニンなふんわりスカートにも相性抜群のチェルシーブーツや、やはり今年顔のチャンキーヒールのショートブーツやパンプスなどが肩を寄せ合い、トレンドをしっかりと主張。
かと思えば少し奥へ進むと、保育園の送り迎えや父母会にもちょうどいい、頑張りすぎない “きちんとシューズ” が色とりどりに私たちを出迎えます。その懐の深さもあるのでしょう。

「親子 “三世代” でご来店くださるお客様が多いのは、このお店ならではの特徴です」(店長)

さまざまな世代の忙しい女性の毎日を、バランスのいい靴たちが支えてくれているのです。

オトナ顔負け

店内奥に、一回り二回り小さなサイズ感の靴を並べている棚があります。

背面に同色のWリボンを配した旬のムートン調ブーツや、恐竜のシルエットのプリントや偏光メタリックのパーツをやはりバックスタイルに施したカッコ可愛いスニーカー、あるいはハレのシーンのドレスにも合わせられそうなバレエシューズに、お行儀がよくてcoolな印象のビットローファーなど、種類はさまざま。

そう。これらは・・・

近隣ではココ、流山おおたかの森S・C店でのみ取り扱っているという、キッズシューズです。
サイズは15.0cm~20.0cm。遊び心あるデザインのものを中心に展開していますが、子どもらしさを強調するというよりむしろ、大人もののミニチュアのような、しっかりとした本格的な作りが特徴です。とはいえ、ご心配なく。

「お子様が敬遠する窮屈感を和らげる工夫は、しっかり盛り込んでありますヨ!」(店長)

端正な風貌でありながら、ビットモチーフの土台のパーツがご覧の通り! これなら履き心地を自分で調整できますし、着脱もラクチン。履いてしまえばこんな秘密が隠されているとはわからないので、お洒落感ときちんと感を損なうこともありません。

習い事の発表会や家族内のお祝いの席などにも最適なこのビジュアルで、3,900円。成長著しいお子様の靴選びには、嬉しい限りのコストパフォーマンスの高さです。

居心地のよさと、嬉しいサービスと

オリエンタルトラフィックには「ダブルエー オリエンタルトラフィック」以外にもいくつかブランドがあり、それぞれにコンセプトが異なります。

“日常に溶け込むアクティブ” を提案するのは、スポーツ系ブランド「ORTR」。本家の「オリエンタルトラフィック」はといえば、“他とはちょっと違う、いつでも遊び心のあるデザイン” がコンセプト。

ショップとしての流山おおたかの森S・C店では、デイリー使いできるナチュラル&フェミニンなアイテムが得意なブランド、「ダブルエー オリエンタルトラフィック」のフルラインを揃えるとともに、そのコンセプトに照らしつつ、系列ブランドのアイテムもセレクトして置いています。

それが三世代でお買物を楽しめ、雨の日用シューズやアクティブに動けるスニーカーなど、用途やライフスタイルに合わせた靴がバラエティー豊かに揃う大きな理由でもあるのですが、「靴選びでいつも悩む」、あるいは「歩き続けられる “きちんとシューズ” が欲しい」とおっしゃる方にはやはり・・・

「ダブルエー オリエンタルトラフィックのアイテムを中心に、お選びいただくことをお勧めします」(店長)

一番わかりやすい違いは・・・他の系列ブランドでは使っていない、足先までふんわりフワフワのインソール。華奢見えするパンプスを含むほぼ全アイテムに、その特別なインソールを使っています。
アスファルトを長時間歩き続けても底つき感をほどんと感じることのない厚手のインソールにブランド名が明記されているのでそれを目印に、シンデレラフィットな一足を見つけてください。

株式会社ダブルエーでは入社のスタートは基本、 “接客” から。お客様が何を求めているのかの最前線に身を置いて初めて気づくあれこれが開発や提案に活かされ、「うわ、可愛い!」や「歩きやすい!!」という、私たちのワクワクの靴との出会いに繋がっているのでしょう。

このお店の居心地のよさの根底にあるのはそんな社風に裏打ちされた、店長をはじめ、スタッフの皆さんの接客のきめ細やかさに他なりません。モノのよさだけではない何かを求め、フラッと今日も立ち寄りたくなるお店です。

ヘビーユースしすぎてトップリフト(ヒールの先端部分)がすり減ってしまったら、『トップリフト交換修理無料サービス』を利用して何度でも蘇らせ、いよいよ「ありがとう!ご苦労様」となったときには店頭へご持参を。一足につき500円クーポン一枚と交換してもらえる『いつでも下取りサービス』をご利用ください。
これらのエシカルなサービスは、日本全国どのオリエンタルトラフィックで購入した靴でもOK! これを機に、シューズクローゼットをチェックしてみるのもいいのでは?


新しい年に新しい靴で、新しい第一歩。
可愛くて歩きやすいお気に入りの靴でお出掛けすれば、あなたの目の前にはハッピーな風景が広がるに違いありません。そして1月半ばになると、春夏の新作が店頭に並び始めるのです…ルン☆

店長のお勧め3品
ショート丈でバランスが取りやすい・・・「ビットモチーフショートブーツ」(ダブルエー オリエンタルトラフィック)
ゴールドのビットモチーフが効いて、ローヒールながらカジュアル過ぎない印象のショートブーツ。高見えするスエードを使い、ブラック、ブラウン(写真)、グレーのベーシックな3色を展開。7,500円。
冬のあったか&可愛いといえば・・・「ムートンシューズ」(ダブルエー オリエンタルトラフィック)
クッション性抜群のフェイクファーで、足先まであったかフワフワ♪ ベーシックにいくならブラックかブラウン、差し色ならばカーキかレッド(写真)をチョイスして! 6,500円。
デイリーからパーティーシーンまで・・・「ラウンドトゥヒールパンプス」(ダブルエー オリエンタルトラフィック)
ラメ素材(ブラック、ゴールド)と華やかなレース素材(グリーン、ネイビー)の2つの素材で各2色。いずれも上品なサテンヒールとあって、後ろ姿までお洒落に決まる。6,500円。

※掲載商品はなくなり次第終了となります。

バックナンバー